角川歴彦会長の妻(嫁)や子供(娘・息子)は?学歴やプロフィールまとめ!

東京オリンピックをめぐる汚職事件により逮捕された、大手出版会社「KADOKAWA」の会長である角川歴彦(つぐひこ)さん。

連日世間を騒がせていますが、今回はその角川歴彦さんのご家族の事、さらに角川歴彦さんのこれまでのプロフィールや学歴などをまとめてみました!

大企業の会長の逮捕劇という事で、角川歴彦さんとはどんな人なの?と興味を持たれた方は是非参考にしてみてくださいね。

それでは早速ご紹介していきます。

目次

角川歴彦会長の妻(嫁)や子供(娘・息子)は?

妻(嫁)について

角川歴彦さんには、妻はいないという事がわかりました

正確には調査をしても分からなかったのですが、これだけ有名な企業の会長ですし結婚をしていればある程度は情報が出てくると思いますので、本当にこれまで1度も婚姻歴がないものと思われます。

角川歴彦さんの実の母は、角川歴彦さんが幼い頃に離婚をしていた事から実際には継母に育てられたそうです。

そういった複雑な家庭環境も角川歴彦さんが未婚を貫いた理由の一つでもあるかもしれませんね!

子供(娘・息子)について

お子さんについても、存在は確認出来ませんでした。

角川グループのように多くのグループ会社を持っていれば、通常お子さんがいればお子さんに会社を引き継ぐという事が多く見られますが、角川歴彦さんがKADOKAWAの社長を退任後はドワンゴの夏野剛さんが社長を兼任していますので、お子さんがいる可能性は少ないと考えられます。

また兄である角川春樹さんが社長を務めていた頃、春樹さんの長男が同社に入社し取締役として在籍していましたが、その後セクハラ問題などで同社を退社している事から、もしかしたら今後は角川一族以外の人が会社を継いでいくのかもしれません。

角川歴彦会長の家族や兄(角川春樹)について

今回東京オリンピックをめぐる贈賄容疑で逮捕されたKADOKAWAの角川歴彦さんには有名な兄・角川春樹さんの他にも、姉の辺見じゅんさん、またすでに亡くなられていますが妹がいる事が知られています。

兄である角川春樹さんと、角川歴彦さんは1歳違いと年齢も近かった兄弟ですが二人は「角川」を巡る経営方針で対立しほぼ絶縁状態なのではないかと言われています。

角川書店はお二人の父親にあたる角川源義さんが創業され、その後長男である角川春樹さんが社長を務めます。

角川歴彦さんも同社に入社し、取締役、専務などを経て1992年に同社の副社長に昇格しますが会社の経営方針を巡り二人は対立。

社長である角川春樹さんは副社長である角川歴彦さんを辞任に追い込むこととなりました。

ですが、角川歴彦さんが退社をするにあたっては80人ほどいた同社の編集者のうち70人近くが角川歴彦さんを追って同時期に退社しており、また社長である角川春樹さんは薬物使用により逮捕され、角川歴彦さんは1993年、再び角川書店に戻る事となりました。

角川書店は、業界初のメディアミックス商法などを確立したいわば現代のヒット商品を作る基礎を築いた会社でもありましたが、その裏ではお家騒動とも呼べる騒動が起こっていたようです。

お二人とも商才に長けた方々だっただけに、兄弟で力を合わせていたら角川書店は更に飛躍していたかもしれませんね。

角川歴彦会長の学歴やプロフィールまとめ

学歴

角川歴彦さんは、早稲田大学高等学院を卒業後は早稲田大学第一政治経済学部を卒業されています。

どちらも偏差値は70前後と大変難関な学校となっていますので、角川歴彦さんは学業も秀でていたことがわかります。

プロフィール

そんな角川歴彦さんのプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前:角川歴彦(かどかわ つぐひこ)

生年月日:1943年9月1日(現在79歳)

出身:東京都

職業:実業家

著名な家族:父・角川源義(角川書店創業者・俳人) 兄・角川春樹(実業家・映画監督・俳人) 姉・辺見じゅん(歌人・ノンフィクション作家)

1966年、早稲田大学卒業と同時に角川書店に入社した角川歴彦さん。

1992年 同社の副社長に就任・角川メディアオフィスの社長も務めますが、1992年9月・兄である角川春樹さんとの対立により退社しています。

角川書店退社に伴い新たに「メディアワークス」を設立(現在は角川グループ)しましたが、翌1993年兄の角川春樹さんの社長解任に伴い、再び角川書店に戻り同年10月社長に就任する事となりました。

以後は様々なグループの代表などを務め、会社も成長させてきましたが2014年にはドワンゴと経営統合をし、角川歴彦さん自身は相談役に就任しました。

角川会長については、以下の記事も検索されています!ぜひ参考にしてください!

まとめ

今回は現在東京オリンピックに絡む贈賄容疑で逮捕された大企業のKADOKAWAの会長・角川歴彦さんのご家族の事からこれまでの学歴やプロフィールをご紹介させて頂きました。

角川歴彦さんには妻や子供といった家族はいませんでしたが自身が複雑な家庭環境で育ち、更にはお家騒動にまで発展してしまった兄弟であることから、もしかしたら意図的に家族は持ちたくなかったのかもしれませんね。

角川書店をこれまで長きにわたって支えてきた角川歴彦さんだけに、今回の事件は同社にとっては大きな痛手となる事は間違いありませんが、一体どうなるのでしょうか。

角川歴彦さんや、また会社のこれからにも注目が集まりそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次