河野太郎は本当に人気がある⁉︎何派で出身大学はどこなのかまとめ!

政治家として年々存在感・影響力・発言力が増しゆくゆくは総理大臣になるのでは?と言われている河野太郎さん。
TwitterやSNSを駆使する姿に、親近感を覚える若い方も多いですよね。

そこで今回は、河野太郎さんは本当に国民から人気があるのか、また所属するのは何派なのか、さらに出身大学や驚異的なエゴサ力などについても調査をしたいと思います。

是非最後までご覧ください!

目次

河野太郎は本当に人気がある⁉︎

反対派の意見

若い方からの認知度も高く、時期総裁候補最有力と言われてきた河野太郎さんですが、実は反対派の人も多くいます。

その理由として挙がっているのが河野太郎さんは兼ねてから親中派と言われており、中国との関係に不安や不満を持つ方を中心に反対派の意見も大きくなってきています。

また河野太郎さんが掲げる政策に同意できないという方からも反対の声が多く上がっているようです。
河野太郎さんが掲げる政策の中で注目度が高いものを一部抜粋させて頂くと以下のようになります。

・夫婦別姓容認
・女系天皇推進
・消費税20%
・脱原発推進

これら以外にも中国寄りと言われる思想が目立つ傾向にあります。

また、Twitterで批判の声が殺到している理由は、容赦無くブロック攻撃をしてくること。

「首相になって欲しい人」第1位になるほどの人気な事実!

もちろん河野太郎さんの政策に同意する方も多くおり、人気のあるなしを単純に比較する事は出来ませんが、毎日新聞が行った世論調査では「首相になってほしい人」の1位に選ばれるなど、現政治家の中で人気を誇っているのは事実です。

毎日新聞が2022年11月19、20日に実施した全国世論調査では、携帯電話での回答者639人に、日本の首相になってほしいと思う人の名前を1人挙げてもらった。最も多くの回答者が挙げたのは河野太郎デジタル相の93人(全体の15%)。

出典:毎日新聞

河野太郎は何派?

そんな河野太郎さんの所属するのは、一体どの派閥なのでしょうか?
調査をしてみた所、現在は麻生太郎氏が代表をつとめる志公会に所属しているようです。

議員になったばかりの頃は自民党内で無所属だった河野太郎さんですが、その後麻生太郎氏の勧めで宏池会に所属し1999年には、父である河野洋平氏・麻生太郎氏に続き同派を離脱し、大勇会へ移っています。

大勇会は、現在麻生太郎氏が代表を務める志公会の前身とされているので、河野太郎さんも麻生派に所属しているのは間違いないのではないでしょうか。

河野太郎の出身大学はどこ?

祖父・父と三大に渡り議員の家系で生まれ育った河野太郎さん。
出身大学はアメリカのジョージタウン大学国際学部比較政治学科を卒業されています。

元々は慶應義塾大学に通っていた河野太郎さんですが、慶應義塾大学を入学後わずか二か月で退学され、その後渡米されています。

1982年9月にジョージタウン大学に入学されてからは、比較政治学を専攻され1984年にはジョージタウン大学を一時休学しポーランド中央計画統計大学に交換留学に向かっています。

留学を終えた1985年にジョージタウン大学に復学し、その後同校を卒業されました。

以前、外務大臣などを歴任していた際には英語でペラペラと他国の要人相手に堂々と話していて凄い!と思いましたが、アメリカの大学に通われていたのですね!

河野太郎のエゴサ力がすごい!?

そんな政界きってのサラブレットでありながら、時期首相への期待も高まる河野太郎さんですがSNS上でも度々話題に上がっていますよね!一般市民のつぶやきにも反応し答えるなど、そのエゴサ力が凄い・・・!と言われていますが、一体どれくらい凄いのかご紹介したいと思います!

まずはこちら。

これだけ見たらまったく何のことか分からないのは私だけではないはず・・・!
これに対して河野太郎さんはこのように返信をされていました。

実はこれ0と1だけで構成される2進数なのですが、この文字列を16進数に変換すると、それぞれ「6CB3 91CE 592A 90CE」「30E4 30E1 30EC 3002」。さらに、国際標準の文字コード規格「ユニコード」で割り当てられた文字に当てはめると、「河野太郎」「ヤメレ。」になるのです。

「河野太郎」「ヤメレ。」はかねてから河野太郎さんがエゴサをした際に自身の名前に反応し返答をされていた決まり文句のひとつなのですが、それにしても一体どうやって検索したのでしょうか(笑)

さらに先日にはモールス信号さえに対しても反応していました。

https://twitter.com/vcSQdfnIfL7hd5H/status/1591291335218450433

こちらもモールス信号が分からない人にとっては???という投稿ですよね。
こちらの投稿に対して河野太郎さんはこのように返信されています。

こちらのモールス信号を解読すると「コウノタロウ イマノキモチハ」に対し、「シランガナ」と返答した形になるそうなのですが、本当にどうやって見つけてくるの!?と驚くばかりですよね。

これに対しSNSじょうでは「なんで見つけられるんだよ・・・(困惑)」といった声や「エゴサ力が半端ない」「レベチすぎる」といった驚きの声が多く聞こえました。

まとめ

今回は幅広い世代で話題になっている政治家の河野太郎さんについて本当に人気があるのかや、驚異のエゴサ力、また出身大学などをご紹介させて頂きました。

河野太郎さんと政策が合わないと感じる方々からは厳しい声も多く上がっている河野太郎さんでしたが、国民からの時期首相に・・!という声が多いのも事実です。

そしてエゴサ力を活かしたSNSの使い方も若い方に認知されるきっかけになっていると思いますので、色々と新しい事を何かやってくれるのでは?と期待してみたい気持ちにもなりますよね。

今後も政治家として、よりよい国作りをしていってほしいなと強く望んでいます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次