浅野拓磨の兄弟は7人で年齢は?兄とパン屋を経営しているのは本当でどこ?

2022年11月23日に行われたW杯日本VSドイツ戦にて逆転ゴールを決め、日本の勝ち点3に大きく貢献した浅野拓麻選手。

後半から出場し、流れを大きく変えてくれましたよね!

そこで今回はそんな浅野拓磨選手のご家族の事を徹底調査!一体どんな家庭で育ち現在の浅野拓磨さんが形成されたのかをご紹介したいと思います。

それでは早速見ていきましょう。

目次

浅野拓磨の兄弟は7人で年齢は?

逆転のスーパーゴールを決めた浅野拓磨選手、実は7人兄弟という大家族に生まれ浅野拓磨さんはその中でも三男にあたります。

7人の兄弟の年齢は一番上のお兄さんから

  • 31歳
  • 30歳
  • 28歳
  • 25歳
  • 23歳
  • 21歳
  • 11歳

なんと一番上と一番下までの年齢差は20歳となっています。
1人ずつご紹介していきたいと思います!

長男・浅野将輝

出典:東海テレビ NEWS ONE

浅野家の長男にして、浅野拓磨さんの3歳年上のお兄さんの将輝さん。

浅野拓磨さんは兄弟の影響でサッカーを始めたと言われているので、最も影響を受けたのが長男である将輝さんの可能性は大きいですよね!

将輝さんは、三重県四日市市のバーを経営されているとのことです。

次男・浅野晃平

浅野家の次男である晃平さんも幼い頃はサッカーをしていたそうですが、現在はなんと地元三重県にて高級パン屋さん朝のらしさの店長をされています。

年齢は浅野拓磨さんの2歳上で、長男の将輝さんとは年子になるようですね。
7人兄弟、9人家族という大家族の浅野家のまとめ役をされていたそうです。

三男・浅野拓磨

現在日本代表として大活躍の浅野拓磨さん。浅野家の三男として生まれました。

性格は父親譲りで曲がった事が大嫌い、負けず嫌いでしっかりもの。
下の弟たちの面倒もよく見ているお兄さんだったそうです。

高校時代には全国高等学校サッカー選手権に三年連続出場を果たし、第90回大会では史上4人目となる初戦から決勝までの全試合で得点を決め、大会得点王に選ばれています。

昨年からは、ドイツのボーフムに所属。愛称はジャガーです。

四男・浅野雄也

浅野家の四男は、浅野雄也さんです。
浅野拓磨さんとは二学年差で生まれた雄也さんは、同じく幼い頃からサッカーをしており兄同様大変な負けず嫌い!

高校は兄の拓磨さんが通った四中工(四日市中央工業高等学校)はあえてさけ、三重県立四日市四郷(よっかいちよごう)高等学校に通われていました。

高校時代からすでに注目されていた兄を超え、打倒四中工を掲げていたそうです。

五男・浅野忠也

浅野家の五男は浅野忠也さん。

浅野家の男兄弟は全員がサッカーをしていたとの事なので、子供の頃は兄たち同様サッカーをしていたようですね。

六男・浅野快斗

浅野家の六男である浅野快斗さんは、もちろんサッカーをされており高校は兄である拓磨さん同様、四中工に進学されました。

卒業後はサッカー選手になるべくドイツに渡っていますが、当初は家庭の経済状況なども考えて就職も考えていたそう。

ですが、兄の拓磨さんから

「お金は俺が出すから、チャレンジする意思があるならチャレンジしたほうがいい」との言葉を貰い、ドイツへの留学を決めたそうです。これまで兄の拓磨さんや雄也さんと比べられる事も多く、反発してしまった事もあるようですが小さい時から快斗さんにとって拓磨さんはずっとヒーローとの事。

素敵な兄弟の絆ですね・・・!

長女・心春

そして七人兄弟のラストを飾るのが紅一点・長女の心春ちゃんです!

男ばかり六人という兄弟の中で、たった一人の妹で、しかも六男の快斗さんとも九歳離れた年齢である事から大変可愛がられている事が想像つきますよね!

浅野拓磨さんとは17歳差の妹さんですが、拓磨さんはとっても可愛がっているようで幼い頃は一緒にお風呂に入ったり現在もテレビ電話など定期的にされているようです!大舞台で活躍する兄の姿をきっと大歓声で応援しているのではないでしょうか。

兄弟でサッカー選手はいる?

そんな六男一女という現代にしてはとっても兄弟の多い浅野拓磨さんのご家族です四男浅野雄也さんも拓磨さんと同じくサッカー選手として活躍されています。

高校卒業後は大阪体育大学に進学された雄也さんは、その後水戸ホーリーホックに所属し現在はサンフレッチェ広島に所属しています。

兄弟揃ってプロのサッカー選手にというのはかなり凄いですよね!更にその下の弟さんもサッカー選手を目指し現在ドイツ留学中との事なので今後は三人揃ってプロのサッカー選手になるかもしれません。

兄とパン屋を経営しているのは本当で場所はどこ?

そんな大家族でサッカー一家でもある浅野家ですが、地元三重県の四日市市で高級食パン専門店「朝のらしさ」を経営しています。
こちらのお店のオーナーは浅野拓磨さんで、店長を次男の浅野晃平さんが務めています!

実は、大家族である浅野家の家系を助けるため朝早くからお弁当を作り子供たちを見送ってからアルバイトなどをされていた母・都姉子さん。男だけで6人兄弟、ましてや全員がサッカーをしていたとの事なので食事の準備も相当な苦労があったと思います。

そんな母の苦労を次男の滉平さんはこのように語っていました。

「僕たちが子どもの頃、母(都姉子=としこさん)は家族分の食事を作らないといけなかった。人一倍大変だったと思う。みんなを学校に送り出してから、母は冷えたパンを食べていたと聞きました」

出典:日刊スポーツ

こうした事から、母に焼き立てのパンを届けたいと密かに思っていたそうです。

そこへ、拓磨さんから「兄ちゃん、パンの店どう?」と相談され、27歳で脱サラ。拓磨さんからの援助もあり高級食パン専門店「朝のらしさ」をオープンする事となりました。

めちゃくちゃ家族の絆を感じる話ですよね・・・!

こちらのパン屋さんではネット販売などもされているようなので、気になる方は是非一度購入されてみてくださいね!

浅野拓磨の両親は?

父親について

そんな強いきずなを持つ浅野家の大黒柱は父・浅野智之さんといい、トラックの運転手をしながら9人という大家族を養ってきたそうです。

浅野拓磨さんの曲がった事が大嫌いという性格もお父さん譲りとの事なので、きっと逞しい性格のお父さんなのではないかと思います。

母親について

大家族浅野家を支えるのは母・浅野都姉子さんです。

夫である智之さんはトラックの運転手という事で日本中を行き来する生活を送っていたと思いますが、何せ7人の子供たちがいますので当然お金もものすごくかかります。

そのため母・都姉子さんも家事・育児の傍らスーパーでパートをするなどして家計を助けていたとの事。
そうして一生懸命育ててくれ、好きなサッカーを続けさせてくれたという気持ちが現在の浅野拓磨さんの原動力に繋がっているのかもしれませんね。

サッカーW杯は以下も検索されています、ぜひ参考にして下さい!

まとめ

今回は現在W杯でも大活躍中の日本代表、浅野拓磨さんのご家族についてご紹介させて頂きました。

浅野拓磨さんのご家族は9人という大家族ですが、家族全員仲が良い事でも知られています。きっと浅野拓磨さんの活躍を家族の方も固唾を飲んで応援されているのではないでしょうか!

今後も浅野拓磨さんの活躍に注目が集まりそうです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次