silent(ドラマ)キスシーンがやばい⁉︎何話でいつなのかネタバレまとめ!

切ない…と話題沸騰中のドラマ「silent」

主演の川口春奈さん演じる紬と目黒蓮さん演じる想の切なくも温かいラブストーリーとなっていますが、キスシーンはあるのか??ファンの方ならとても気になるところだと思います。

そこでこの記事では

・silent(ドラマ)キスシーンがやばい⁉︎何話でいつなのか(ネタバレ)

・silent(ドラマ)キスシーンがある理由はなぜ?

・silent(ドラマ)原作はあるのか?

ほかにも

silent(ドラマ)はいつからいつまでで何話まであるのか?についても調査していきます!

目次

silent(ドラマ)キスシーンがやばい⁉︎何話でいつなのか(ネタバレ)

silentは原作があるわけではないため、キスシーンがあるかどうかは現時点では分かりません。

しかし、silentは8年越しに音のない世界で生きる大切な人に再会したという2人の切なく温かみのあるストーリーということで最終的にキスシーンはあると予想されます。

ネット上でもファンの方はキスシーンがあるのかどうか…気になっているようでした。

ドラマのコンセプト的にキスシーン以上があることは考えにくいのですが、遅くても最終回にはキスシーンはあるのかなと考えてしまいますね。

silent(ドラマ)キスシーンがある理由はなぜ?

先ほどもお伝えした通り、この先キスシーンがあるかはまだ分かっていません。

現在放送が終了しているのは2話までですが、2話は目黒蓮さん演じる想が医師から耳が聞こえなくなることを告げられ、川口春奈さん演じる紬と別れを決意する回想シーンが放送されました。

1話で8年越しに再会した2人は再度カフェで会って、音声アプリを使いながら会話をしていましたね。その後紬は手話教室に行き、手話を学び想と再び手話で会話をしますが現在交際している鈴鹿央士さん演じる湊斗とばったり会ってしまい…

そして3話へと続いていきます。

3話の予告もYouTubeにて公開されていますが、全員の想いがすれ違っておりとても切ない展開となっていますよね。

少なくとも第3話の時点でキスシーンがある可能性は低いでしょう。

今後ストーリーが展開されていく中でキスシーンがある可能性は高いと思われますし、もしかすると何回もあるかもしれませんね。

ファンの方はドキドキしてしまう展開かと思われますが、心の準備をして見るようにしましょう。

silent(ドラマ)原作はあるのか?

結果からお伝えするとドラマsilentには原作はありません!

今回silentの脚本を手がけているのは生方美久さんという方です。

生方美久さんは1993年生まれの本業はなんと看護師!

看護師として働きながらも脚本を学び、2021年に第33回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞し注目されました。

プロの脚本家でも厳しいと言われている地上波でのオリジナル脚本の映像化。

決して長い経験値があるわけではないのにとてもすごいですよね!

夢は映画監督のようなので今後映画監督として活躍する日が来るのでしょうか…とても楽しみです。

silent(ドラマ)はいつからいつまで?何話まであるのか?

silentの初回放送は10月6日でした。

silentが全何話かはまだ分かりませんが、silentが放送されているフジテレビの木曜10時枠の過去ドラマが何話だったのか調べてみました。

  • 2021年7月クール 「推しの王子様」 全11話
  • 2021年10月クール 「SUPER RICH」全11話
  • 2022年1月クール 「ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇」 全11話
  • 2022年4月クール 「やんごとなき一族」 全11話
  • 2022年7月クール 「純愛ディソナンス」 全11話

ここ1年くらいに放送された全てのドラマが全11話だったということからsilentもおそらく11話構成となる可能性が高いですね!

となると12月15日が最終回になると思われます。

サイレントについては、以下も検索されています!ぜひ参考にしてください!

まとめ

今回は

silent(ドラマ)キスシーンがやばい⁉︎何話でいつなのかネタバレまとめ!

についてまとめました。

silentは過去ドラマの傾向から分析すると全11話の可能性が高いことがわかりました。

キスシーンに関しては、原作がないため絶対あるとも言えませんがおそらくストーリーが展開していく中である可能性が高いと思われます。

来週放送予定の第3話では無さそうですが最終回までにはありそうなので、ファンの方は心の準備をしておきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次