2022年櫻坂46のオーディションの倍率は?受かるポイントまとめ

櫻坂46が改名後初の新メンバーオーディションについて発表されました。

2020年10月に「欅坂46」から「櫻坂46」に改名してからは初となります!

人気アイドルグループになると、倍率が気になるところですね 。

どれくらいになるのか、過去の例から考察してみました。

目次

櫻坂46のオーディションはいつ?

オーディション受付期間2022年6月6日(月)正午〜7月4日(月)17:00
オーディションテーマ「咲かない人はいない」
応募方法WEB応募

今回のオーディション開催に伴い、上記にもあるよう、同日よりオーディションCMがTV・WEBサイト・SNSにて公開中です!

そして、今回は応募方法に新しいスタイルが導入されたのも注目ポイントです!

通常の個人での応募はもちろんですが、櫻坂46初となる「みんなで応募」も導入されました!

最大3人1組で応募が可能となっています。

1人だとなかなか勇気が出なかった方も、友達と応募することで未来の夢に1歩近づけるということです!!

櫻坂46のオーディションの倍率は?

過去にどれくらいだったのかを調べてみました。

坂道合同オーディション倍率

2018年
オーディション内容坂道合同オーディション
(乃木坂・欅坂・けやき坂)
応募者129,182人
合格者52名
倍率3400倍

乃木坂46倍率

スクロールできます
2011年2013年2016年2018年2022年
オーディション内容1期生2期生3期生4期生
(坂道合同)
5期生
応募者38,934人16,302人48,986人129,182人87,852人
合格者36名14名12名52名11人
倍率1081倍1164倍4082倍3400倍7987倍

過去のオーディション内容の倍率をみてみると、年々応募者が増えていき、その時の合格者の枠が狭いと驚異の倍率になることがわかります!!

乃木坂の2022年のオーディションは、日本のグループアイドルの単独オーディションで史上最多の数字とのことです。

このことから櫻坂46のオーディションについても、3000〜5000倍は考えられる範囲ではあるのかなと思います。

というのも、櫻坂も初の複数人応募のスタイルを導入したので、応募者は前回よりも増える可能性は十分考えられますね!

オーディションに受かるポイントは?

SNSにて、合格へのポイントとして様々な意見があるようです。

  • 秋元康さんが、乃木坂46のオールナイトニッポンで「点数をつけたりするオーディションは好きでない」とのこと
    • どういう人材が欲しいとかは決めていないということ
  • 何か優れているところがないかを選ぶそう
  • エントリー写真は、バストアップ、全身は雰囲気が違うと良いかもしれない
  • いろんな個性が集まるので、いろんな人材を採用するよう調整されている可能性あり
  • 見た目は清潔感があると良いかも(美肌・万人受けメイク)
  • コミュニケーション能力はあったほうが良いと思われる
  • 自然体な笑顔

いろんな考察がありますが、自分らしくありのままをアピールできたら良いですね!!

まずは書類選考を突破しなければいけないので、写真のアピールは大切になってきますね!

応募方法についてはこちらの記事にまとめてありますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

年齢制限については、過去のものもまとめた記事があります。ぜひ参考にしてみて下さい!

まとめ

2022年櫻坂46のオーディションの倍率はどれくらいになるのか?また、オーディションに受かるポイントについてまとめました。

倍率は過去の例(乃木坂46)を参考にして、

櫻坂46のオーディションについても、3000〜5000倍は考えられる範囲ではあるのかなと思います。

というのも、櫻坂も初の複数人応募のスタイルを導入したので、応募者は前回よりも増える可能性は十分考えられますね!

受かるポイントについては、SNSで色々考察されていたのでまとめてある上記をご参考にしてみて下さい!

この記事全体を参考にし、皆さん勇気を出して応募してみて下さい!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次