映画「るろうに剣心最終章TheFinal」ラストシーンの結末ネタバレ徹底解説!

大人気少年漫画原作ながら、圧倒的な戦闘シーンで日本映画史に残る大ヒットを記録した映画「るろうに剣心」。

今回はそのるろうに剣心シリーズの最終章の前編となる「るろうに剣心最終章TheFinal」の結末を徹底解説しちゃいます!

漫画の一体どのあたりまで映画で描かれているのか、また原作との違いなども取り上げていきますので気になっていた!という方は是非ご覧ください。

ただし!ネタバレを含んだ解説となっていますので、まだ見ていないという方は注意してくださいね。

目次

映画「るろうに剣心最終章TheFinal」ラストシーンの結末ネタバレ

映画「るろうに剣心最終章TheFinal」ラストシーンは、剣心と薫が巴の墓前にてありがとう すまない さようなら」と伝えるシーンとなっています。

今作「るろうに剣心最終章TheFinal」では、かつての剣心の妻・雪代巴の弟である雪代縁との対決が描かれています。

最愛の姉を剣心によって失った雪代縁は、剣心に復讐を遂げる事だけを目標にこれまで生きてきており、現在は上海で武器商人として中国の裏社会のボスにまで上り詰めていました。

抜刀斎の頬にまだ十字傷はあるのか? 姉さんはまだあの男を恨んでいるのだろう」

と登場するやいなや不穏な言葉を残した雪代縁。

これまでのような純粋な戦いではなく、過去の因縁・復讐・人誅といったほの暗い要素が全体的に散りばめられています。

剣心へ人誅を下すために、剣心がこれまで大切にしてきたものを壊していく縁が最後の仕上げとして選んだのは薫の存在でした。

原作の漫画では、薫の「死体」が登場するのですが(実際は死んではいない)映画では縁によって連れ去られるといった設定に変わっていましたね。

連れ去られた薫を助けるため、また縁との関係やこれまでの自分の過去に決着をつけるため、一人縁の待つ場所へと向かう剣心。

そこにはこれまで人斬り抜刀斎であった剣心に恨みを持つ者たちが集められていました。

そして、原作ではこの場に登場しない瀬田宗次郎も登場し二人は共闘。

宗次郎の助けもあり、いよいよ剣心は縁との直接対決に臨みます。

激闘の末、なんとか縁を倒した剣心ですが、そこに現れた呉は銃で満身創痍の剣心にとどめを刺そうとします。

ですが駆け付けた薫に止められ、呉が薫を撃とうとした所を間一髪で助けたのは他でもない雪代縁でした。

この雪代縁の行動は、姉である巴と同じような年代である女性を見捨てれないといった原理も含まれていますが、薫には巴さんが助けてくれたような気がしたとの事。

このことが冒頭でご紹介した墓前でのラストシーンへと繋がっていくこととなります。

映画「るろうに剣心最終章TheFinal」の結末の感想の声

映画「るろうに剣心最終章TheFinal」を見た方の感想の声を集めてみました!

剣心の強さの中にも過去を引きずって生きている辛さが際立っていた。
でも、ラストは未来へ進み始めたから一安心。
相変わらずのるろ剣アクションは健在で、肩に力が入りっぱなし!

引用:Filmarks映画

原作と色々と違いはあれどとても面白い!
もはや、剣術アクションは右に並ぶ作品なし。
このラスト・・・かなり好きです。

引用:Filmarks映画

原作部分と比べてしまうと、どうしても話が詰め込まれてしまう事となりますが、それでもるろ剣ならではの迫力あるアクションシーンやラストへの繋げ方などには高評価な方が多いようですね!

映画「るろうに剣心」ファイナルとビキニングの違いは?

「るろうに剣心最終章TheFinal」では雪代縁との因縁の対決が描かれていましたが、最終章後編となる「るろうに剣心最終章TheBeginning」では、流浪人(るろうに)となる前、「人斬り抜刀斎」として暗躍していた頃の緋村剣心と、縁の最愛の姉であり剣心の妻であった雪代巴との出会いから別れまでを描いた作品となっています。

剣心の頬にある十字傷へ込められた強い思い、また巴の真実、流浪人となった理由などが全て網羅されています!

最終章後編となる「るろうに剣心最終章TheBeginning」は、唯一過去を描いた作品となっているので最終章でありながら、全ての始まりのようでもありますね。

「るろうに剣心最終章TheBeginning」をみた後、また1作目から見ていくと剣心の言葉の変化であったり薫や左之助といった周囲の人々との関係性の変化などがよくわかる内容となっています。

るろうに剣心最終章については以下も検索されています、ぜひ参考にして下さい!

まとめ

今回は大ヒット映画「るろうに剣心最終章TheFinal」のラストシーンのネタバレ解説などをご紹介させて頂きました!

これまで語られてこなかった剣心の過去に迫る今作の最終章。

ラストシーンでは、流浪人(るろうに)として歩むきっかけとなった雪代巴の墓前に、薫と剣心が訪れ感謝・謝罪・決別をそれぞれ巴に心の中で告げており、巴の死から長い事流浪人(るろうに)として生きてきた剣心にようやく安息の定住となる居場所が出来た事を感じさせます。

最愛の姉を失い復讐に燃える雪代縁と、かつて愛した女性を自ら殺めてしまった剣心の後悔が複雑に絡み合いながらも、現在大切な存在となっている薫やこれまで出会った人たちへの剣心の思いなど、どの角度から見ても楽しめる作品となっていますよね。

続く「るろうに剣心最終章TheBeginning」では最終章のキーマンともなる巴との出会いから別れまで、剣心が人斬り抜刀斎から不殺の流浪人(るろうに)になるまでが描かれていますので、是非もう一度全編通して映画「るろうに剣心」を楽しんで頂きたいと思います!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次