佐々木朗希の父親の職業や死因は?兄弟は何人で身長や名前は!?

史上最年少で完全試合をしたロッテ佐々木郎希選手。

高校時代に球速163キロを記録し、4球団からドラフト会議で1位を指名されています。

では、そんな佐々木郎希選手の親はどんな人なのでしょうか?

父親は亡くなっているという情報もあります。

そこで、今回は佐々木郎希選手の父親の職業や死因、兄弟構成についてまとめていきます!

ぜひ最後まで読んでくださいね。

目次

佐々木朗希の父親の職業は?

佐々木朗希選手の父親功太さんは、葬儀屋で働くサラリーマンでした。

功太さんはいつもニコニコしていて、朗らかな優しい人だったようです。

佐々木朗希選手は父親功太さんについて、「誰とでもすごく仲良くしていて、みんなに愛されていたのかなぁ、と思います」と話していました。

功太さんは身長が181cmあり、バスケットボールをしていたそう。

野球をしていた訳では無いんですね。

でも、仕事終わりや休みの日にはキャッチボールをしてくれ、「朗希は凄い!将来、プロになれる」と言って励ましてくれました。

まさか、本当にプロ野球選手になるなんて。

その姿、お父様にも見せたかったことでしょうね。

佐々木朗希の父親の死因はなに?

佐々木朗希選手の父親の死因は東日本大震災による津波です。

佐々木朗希選手は岩手県陸前高田市出身。

9歳の時に東日本大震災で被災し、父親功太さんを37歳という若さで亡くしています。

小学校で東日本大震災が起こり、避難しましたが、父親、祖父母は津波にのまれてしまったのです。

悲しみにくれていた佐々木朗希選手。

プロ入り前までは東日本大震災について話すこと、父親について話すことはありませんでした。

しかし、プロ入り後は

「(子供が)理解するのは難しいと思うけど、そこを根気強く、知っている大人が向き合って伝えていくしかない」

出典:スポニチ

と話し、震災を知らない子供たちに伝えようとしています。

父親と一緒にしていたキャッチボール。

父親がいなくなり、野球から離れてしまうのかと思いきや、

「野球しているときが一番楽しかった。夢中になれる時間というのがあったおかげで、大変だったとき、つらいときも頑張れた。野球をやっていて良かったなと思う」と父親との大切な思い出のひとつとして、野球に専念します。

出典:スポニチ

そして、今では一躍時の人となり、大船渡時代に高校野球史上最速163キロを計測、プロ入りを果たしました。

東日本大震災当時は田中選手に憧れており、勇気をもらったと。

だから、次は自分の番だと話しています。

「10年前の僕は、たくさん人から支えられ、勇気や希望をもらいながら、頑張ることしかできなかった。今はその時とは違う立場にいる。今年は試合でたくさん投げて、たくさんの人に勇気や希望を届けることができるように頑張りたい」

出典:スポニチ

父親功太さんとの大切な思い出、キャッチボール。

今後も佐々木朗希選手の大好きな野球での活躍に期待していきたいですね。

佐々木朗希の兄弟は何人?

佐々木朗希選手の兄弟は3人です。

佐々木朗希選手は次男として生まれ、兄と弟がいます。

3人とも野球をしていたようです。

東日本大震災の後は、長男が弟2人の世話をしてくれていたと母親陽子さんは話しています。

長男である琉希さんが父親のように弟たちに厳しく接していたよう。

その影響もあってか、佐々木朗希選手は負けず嫌いな性格で、より一層野球に専念するようになっています。

お兄さんの影響力が大きかったのですね。

佐々木朗希の兄弟の身長や名前は!?

佐々木郎希選手の兄弟は長男琉希さん三男怜希さんです。

全員、名前の最後に「希」がついていますね。

将来への希望なのでしょうか。

ちなみに、佐々木郎希選手の郎希という名前、これはガオレンジャーの狼鬼(ろうき)から来ているそうです。

まさかの戦隊ヒーローだったのですね。

長男琉希さんは佐々木朗希選手の3歳年上で、同じ大船渡高校の野球部に所属していました。

4番打者を任されるほどの実力の持ち主です。

小さい頃の佐々木郎希選手は「兄に負けないように野球を頑張ってきた」とお兄さんをよきライバルとして追い越してやるとの思いがあったようです。

東北学院大学教養学部卒業後、現在は大手広告代理店に勤めています。

三男怜希さんは現在高校生、身長177cmです。

怜希さんは2017年の楽天イーグルス杯で、猪川野球クラブに所属して優勝しています。

現在、高校野球で活躍されています。

佐々木選手や相棒の松川選手に関しては以下も検索されています、ぜひ参考にして下さい!

まとめ

ここまで、佐々木郎希選手の父親の職業や死因、兄弟構成についてまとめてきました。

いかがでしたでしょうか?

佐々木郎希選手の父親功太さんは、葬儀屋に勤めるサラリーマンでした。

2011年3月11日の東日本大震災で功太さんは津波により亡くなっています。

その後は、兄弟3人と母親の4人で暮らしてきました。

長男琉希さん、三男怜希さんの兄と弟がいます。

お2人とも野球をしていたようです。

そんな佐々木郎希選手ですが、今後の活躍に期待したいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次