(2023年)NHK受信料の値下げはいつからでいくら下がるのか?不払い世帯は割増金!?

NHKは受信料を値下げすることで発表しました。

これまでにも値下げはされてきていますが、今回発表された値下げはいつからなのか?

いくらぐらい下がるのか?また、不払い世帯は割増金なんてことも言われています。

具体的な内容について調べてみました!

目次

NHK受信料の値下げはいつからなのか?

受信料の値下げは2023年から。

具体的な日時はまだわかりませんが、余剰金を利用すると言われているので、もしかすると秋頃になるのではないかとも言われています。

これまでにも値下げはされてきました。

2020年10月→地上契約で月額35円。衛生契約で月額60円。

半ば強制的に徴収されて、数千億の余剰金まであると言われているなら、もっと値下げされても良いのではと個人的に思うところです。

NHK受信料はいくら下がるのか?

現在の料金

現在の料金はこちらです。

スクロールできます
支払い月額2ヶ月払い6ヶ月前払い12ヶ月前払い
衛生契約口座・クレカ2,170円4,340円12,430円24,185円
衛生契約継続振込等2,220円4,440円12,715円24,740円
スクロールできます
支払い月額2ヶ月払い6ヶ月前払い12ヶ月前払い
地上契約口座・クレカ1,225円2,450円7,015円13,650円
地上契約継続振込等1,275円2,550円7,300円14,205円

支払い方法によって、割引が適応されます。

支払い方法としては、口座振替・クレジットカード・継続振替の中から選ぶことができます。

6ヶ月払いと12ヶ月払いはさらに割引があるので、お得になっています。

料金はいくら下がる?

Yahoo!ニュースによると、約1割が値下げされるとのことみたいです。

現在の料金を見てみると、地上契約が1,225円。衛生契約が2,170円。(単月払いの場合)

1割ほどの値下げとなると、

地上契約−120円ほど。衛生契約で−210円ほどの値下げになるということです!

値下げ後の月額・年額を比較すると以下です。

種類月額年額
地上契約1,100円ほど13,200円ほど
衛生契約1,900円ほど22,800円ほど

NHKの受信料の不払い世帯は割増金!?未払い世帯は危険!?

Yahoo!ニュースの発表では、このような記載がありました。

正当な理由なく受信料を支払わない世帯への割増金の徴収も可能となる。

出典:Yahooニュース

これについては少し誤解が生じそうな言い方ですが、このような発言の方がいらっしゃいます!

未払いの世帯全ての方が不安になる必要はありません。

まとめ

NHK受信料の値下げはいつからなのか?以下になります。

受信料の値下げは2023年から。

具体的な日時はまだわかりませんが、余剰金を利用すると言われているので、もしかすると秋頃になるのではないかとも言われています。

NHK受信料の値下げはいくら下がるのか?以下です。

Yahoo!ニュースによると、約1割が値下げされるとのことみたいです。

不払い世帯は割増金になるのでかなり徴収されるのか!?

「B-Casカードの邪魔な表示を消すためにNHKに電話し住所氏名を白状したのに契約してない世帯」に割増金となります。

ぜひ、この記事を参考にしてみて下さい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連広告

目次
閉じる