(放送事故)報道ステーションで立花党首が退席したのはなぜ?理由を徹底解説!

2022年6月16日に放送された報道ステーションで、NHK党の立花さんが強制的に退席されたことが話題になっています。

「放送事故」などでTwitterでもトレンドに上がっていました。

退席した理由は何だったのか?その理由についてまとめてみます。

目次

報道ステーションにてNHK党の立花氏が退席したのはなぜ?

NHK党の立花氏が、テーマから逸脱した発言をしたため!
日本の安全保障についてのテーマなのに、その趣旨に沿っていない発言となったため。

発言した内容は以下になります。

立花氏「テレビをご覧の皆さん。テレビは核◯器に勝る武器です。テレビは国民を洗脳する装置です。テレビは国民が知るべき真実を隠しています。本日お昼すぎ、テレビ朝日のプロデューサーの方からお手紙を頂戴しました。このお手紙にはテーマから逸脱する発言は控えて頂くようお願い致します。万が一そのような発言があった場合はしかるべく対応をさせて頂く場合もあるとご承知下さい」

大越氏「その通りですね」
大越氏「立花さん、今の話は討論のテーマに沿ったものとはおっしゃる通り認められません。発言を止めて下さい。いや、発言を止めていただきましょう。趣旨にのっとった発言をして下さい。今は日本の安全保障の話をしています。申し訳ありません。その発言は認められませんので、ここで打ちきらせていただきます。」

↑大越氏が話している間にも、立花氏は発言を止めませんでした。立花氏はこのように話しています。
立花氏「これについて電話を差し上げたところ、スタジオから追い出されますと言われましたので、追い出される前に自らー、Youtubeで私の発言をさせていただきます。政治家の発言をテレビ局の方が事前にアレをするなこれをするなというような発言は恐怖を感じます。」

立花氏「ありがとうございました。」

スタジオとは別室からリモートで出演した立花氏ですが、テロップもかなり強気なものでした。

そして、強制退席させられてしまい、その後はこのように姿を映し出されませんでした。

SNSでの口コミ

「立花氏は国民の声を代弁してくれた!」「勇気ある行動だ」と言われる反面、「テーマを無視して自分の主張しかしないのはルール違反」「すべては立花氏の思惑通り」というように、賛否両論な意見があります。

立花氏が、趣旨に沿った意見でないのは確かでした。

そして立花氏は、「Youtubeにて発言します」とのことで、テレビ朝日さんから事前に手紙をもらっていたこと、電話でも手紙の内容と同じことをテレビ朝日さんから話されていたことを自身のYoutubeにて公開していました。

とにかく、恐怖を感じたことを立花氏は話していました。

まとめ

報道ステーションで立花党首が退席したのはなぜか?理由をまとめました。

以下の内容だったことがわかりました。

NHK党の立花氏が、テーマから逸脱した発言をしたため!
日本の安全保障についてのテーマなのに、その趣旨に沿っていない発言となったため。

発言していた詳しい内容は上記にまとめてあるので、ぜひ参考にして下さい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次