魔女の宅急便のジジが喋らなくなるのはなぜ?考察と原作ネタバレ

スタジオジブリの大ヒット映画「魔女の宅急便」には疑問が沢山あります。

魔女のキキには相棒となる黒猫のジジがいますが、そのジジは普通にキキと話せていたのに、ある日突然喋らなくなるのです。

それは一体なぜでしょうか?その理由を解説します!

目次

魔女の宅急便の黒猫のジジの存在

13歳のキキは、立派な魔女になるために故郷を離れ、見知らぬ土地で魔女になるための修行にでます。

相棒は黒猫のジジ。海の見えるコリコという街で、沢山の人と出会い、喜びや挫折を経験することで成長していくのが感じられる物語です。

ジジは人間の言葉が分かり喋れるので、キキと会話ができます。物語の中盤まで普通に喋れていたのに、キキの魔法の力が弱まってしまった頃に突如、言葉を話さない。喋れなくなるのです。

物語の最後まで話さなくなるジジ。その理由をみていきます!

ジジが突然喋らなくなるのはなぜ?2つの理由について

そもそも黒猫ジジはなぜ喋れる?

原作にも書いてある設定ではありますが、「魔法使いの女の子は使い魔のネコと話せる」。

この設定は原作と同じです。ただ、原作ですとそれ以外に以下のような設定があります。

魔女のお母さんは女の子が生まれたら、同時期に生まれた黒猫を飼う。
その黒猫は生まれた女の子とだけ話せる特別な猫になる。
しかし、女の子が恋をしたら猫も自分の相手を探して女の子と猫は別れる。
出典:「魔女の宅急便」(角野栄子)

原作はこのような設定になっているので、キキのお母さんも昔黒猫はいましたが、自分が恋をした時に別れたということなのでしょう。

ただ、「女の子が恋をしたら猫も自分の相手を探して女の子と別れる」という原作の設定に映画はなってません。

ジジがキキだけに喋れるのも、突然喋れなくなるのも、原作と違う理由があるのです!

①ジジが喋らなくなる理由(宮崎駿監督より)「キキが変わったから」

キキとジジが食事をするシーンの画像
出典:スタジオジブリ

宮崎駿監督は、映画のトークショーでこのように発言されています。

「ジジが話さなくなったのではなく変わったのはキキ自身だったというわけです。」
そもそもジジの声は、もともとがキキ自身の声。キキの成長に合わせてジジの声が必要なくなったから。

今まで相棒であるジジと会話をしていく中で、不安なことや1人でいることに気を紛らわせていたのではないかと言われています。

故郷を離れ、様々な人と出会い、恋をして、時には魔力のスランプに陥り、大切な人たちの存在に気づく。
いろんな経験を積んでいくことで、キキ自身が成長し強くなり、本当の意味で独り立ちができた。

もうジジのような存在が必要ないくらい成長したからというのが、宮崎駿監督のお答えでした。

②ジジが喋らなくなる理由(原作より)「キキが恋をしたから」

キキとトンボが一緒に笑っているシーンの画像
出典:スタジオジブリ

原作にはこのように書かれています。

魔女が恋をすると一緒にいる黒猫と喋れなくなる。
それは魔女が新しい相手を見つけた証拠だから。猫も自分の相手を探しに出る。
出典:「魔女の宅急便」(角野栄子)

このような原作があるんで、映画でもキキの恋が関わっているのではないかとも言われています。

初めはトンボを嫌がっていたキキですが、トンボのまっすぐで一生懸命なアプローチに徐々に惹かれていきます。

宮崎駿監督の「キキが変わった」説と、原作の「魔女が恋をしたから」この2つが理由のようです!

その他のジジが喋れなくなった理由

それ以外にも、以下のような見解もあるようです。

①キキの魔法が弱くなったこと

キキとウルスラが一緒にいる画像
出典;スタジオジブリ

「魔女の宅急便」としてお仕事を始め、お届け先のみんなが喜んでくれて順調にも見えていました。

そんな中、あるお婆さんの依頼のお仕事は品物を届けるだけのはずだったが、急遽ニシンのパイを焼き上げるお手伝いをすることになりました。

一生懸命一緒に作り上げたニシンのパイ。自分はびしょ濡れになりながらもパイを濡らさないよう配達したのですが・・・

お届け先はお婆さんの孫娘。渡した際に「私、これ嫌いなのよね」の一言。

喜んでもらうために一生懸命してきたのに、冷たい言葉で返ってきた時のキキは、大変ショックだったに違いありません。

それから飛べなくなり、丘の上でお母さんのほうきにて練習していましたが、練習中に折れてしまい・・・。

ショックな出来事が重なり、自分は魔女としてこの街でやっていけるのか心の迷いが出てきたので魔法が弱まっていった=ジジが喋れなくなった。という見解も言われています。

ジジに相手(彼女)ができたこと

隣の家の白猫に、ジジは恋心を抱きます。

魔女猫ではなく、人間のペットに恋をしたのでジジの魔力が弱まってしまった。

または、ジジ自身が魔女猫としてではなく、普通の猫として生きていくことを選んだという見解もあります。

いろんな考察があったりしますが、真相はやはり宮崎駿監督がインタビューで話した「キキが変わったから」というのが1番の理由だと思われます!

魔女の宅急便は主題歌やサウンドトラックも大変人気です!それについてまとめた記事はこちらなので、ぜひご参考にして見て下さい!

まとめ

魔女の宅急便でジジが喋らなくなるのはなぜなのか、まとめました。

大きく分けて2つありますが、真相としては以下の宮崎駿監督のインタビューで話されていた内容の方だと思われます。

ジジが喋らなくなる理由2選

ジジが喋らなくなる理由(宮崎駿監督より)「キキが変わったから」
故郷を離れ、様々な人と出会い、恋をして、時には魔力のスランプに陥り、大切な人たちの存在に気づく。
いろんな経験を積んでいくことで、キキ自身が成長し強くなり、本当の意味で独り立ちができた。
ジジの存在が必要なくなったからということです。
ジジが喋らなくなる理由(原作より)「キキが恋をしたから」
原作で「魔女が恋をすると一緒にいる黒猫と喋れなくなる。それは魔女が新しい相手を見つけた証拠だから。猫も自分の相手を探しに出る。」という設定があるので、キキにもその描写があるのではないかということです。

魔女の宅急便で最も疑問の声として上がっています。ぜひ参考にして見て下さいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連広告

目次
閉じる