黒部ダム(富山県)放水を霧状にするのはなぜで理由は?放水はいつから?

富山県の人気の観光スポットでも「黒部ダム」

一度は見てみたいと思う方も多いのではないでしょうか?

今回は、その黒部ダムで行われるちょっと変わった放水方法と、観光放水が行われる期間をご紹介させて頂きます!

観光放水は期間が決まっていますので、行こうかどうしようか迷っている・・・という方は是非参考にしてくださいね。

目次

黒部ダム(富山県)放水を霧状にするのはなぜで理由は?

(小)黒部ダムの放水について

富山県の黒部川に建設された黒部ダムは、水力発電専用のダムとなっています。

その貯水量は2億トンを誇りますが、黒部ダムと言えば「観光放水」!ですよね。

黒部渓谷の景観維持を目的に始まった、黒部の観光放水は毎秒10トン以上の水が霧状となり放水され、その姿はまさに圧巻・・!

毎年観光放水の時期になると、富山県の一大観光スポットとしても大変有名です。

運がよければ、放水にかかる虹も見ることが出来るそうですよ。

黒部ダムの放水を霧状にするのはなぜ?理由について

黒部ダムの放水は、一風変わった霧状となっています。こちらは、霧状にすることによって放水の落水時のエネルギーを分散させているためです。

黒部ダムの放水は毎秒10トン以上という、莫大な量の水が放出されるため、通常の放水方法で行うと、水の落下地点で川底が滝つぼの様に深くえぐられてしまいます。

それらを防ぐためにあえて、霧状で行っているのですね!

毎秒10トンを超える放水の大迫力は、一度は見てみたいと多くの方が毎年黒部ダムの観光放水に訪れています。

黒部ダム(富山県)放水はいつから?

そんな大迫力の放水を一般人でも見れるのが「観光放水」となるのですが、黒部ダムの観光放水が行われるのは、今年は6月26日~10月15日までとなっています!

10月15日以降は今年は行われませんので、今年中に見たい!という方は少し急いで計画を行った方がいいかもしれませんね。

黒部ダム(富山県)放水時間は?

観光放水が行われる時刻は以下のようになっています。

6/26~7/316:00~17:30
8/1~9/106:30~17:00
9/11~10/157:00~16:30

この時間内であれば、連続して放水しているようです。

ただし、屋外で行われるため天候によっては中止になる事もあるそうです!

黒部ダム(富山県)何がすごい!?魅力なところ

国内屈指の迫力を誇る黒部ダム、ここからはそんな黒部ダムの魅力的なポイントを4つご紹介致します!

①黒部ダム建設までの道のりが凄い!

黒部ダム建設は「世紀の大事業」とまでいわれた、大変困難を極めるものでした。

完成までには約7年もの年月をかけ、延べ1千万人以上の作業員が携わったといいます。

黒部ダムが完成したのは昭和38年。

当時はまだまだ電力供給が不安定でありました。

ですが黒部ダムの建設によって、関西地区の100万戸以上の家庭に電力が供給されているようになったとの事なので、私たちの生活には既になくてはならないダムとなっています。

②黒部のトンネル

黒部ダム建設予定となっていた北アルプスを貫くトンネル工事は、地下水を大量にため込んだ地層「破砕帯」に阻まれ大変難しかったそうです。

出典:ITmediaビジネスオンライン

それに加え、大人の男性をも吹き飛ばすほどの水圧、崩落する土砂、トンネル建設には数えられないほどの作業員たちの覚悟や人生が詰まっています。

これらの物語を三船敏郎さん・石原裕次郎さん主演で公開された「黒部の太陽」はあまりにも有名ですよね。

現在このトンネルは、誰でも通れるようになっており年間では100万人もの人が訪れる人気スポットとなっています。

③国内ナンバーワンの高さ!

黒部ダムは標高1454メートルの高地に建設され、ダムそのものの高さも186メートルと、国内ナンバーワンの高さを誇っています。

その圧倒的な高さから放水される様子は、本当に圧巻の一言です!

③黒部ダム周辺の景観が素晴らしい!

黒部ダムは前述したように標高1454メートルもの高地に建設されています。

車で直接乗り入れる事はできず、ダムに行くためには立山黒部アルペンルートを利用し、長野県側の扇沢駅から黒部ダム駅までの電気バスに乗る

もしくは、富山県側から立山駅から黒部湖までケーブルカー、バス、トロリーバス、ロープウェイを乗り継ぐ事になります。

写真は黒部渓谷鉄道・新山彦橋となっています

文字で見ると、大変な印象を受けますが実際に大自然の中を進みながらいくと、意外と早くついてしまうかもしれませんね!

こちらは雄大な大自然を観覧できる、黒部湖クルーズ遊覧船「ガルべ」です。

こちらは実際の放水時に虹がかかった写真となっています!

虹もですが、ダム周辺を取り囲む山々がとてもきれいです!黒部ダムを訪れる方の中には、これらの美しい景色に心を奪われる方も多いのだとか・・!

まとめ

今回は「世紀の大事業」とも言われた、国内で最も有名なダム、黒部ダムの観光放水について、霧状に放水する理由・観光放水が行われる期間・放水時間などをご紹介させて頂きました。

今年の観光放水は10月15日までとなっていますので、見てみたい!という方は早めに見に行ってみてくださいね。

今年はもう間に合わない!という方も、来年も観光放水は行われる予定ですので、それまではダムのトンネル建設を豪華俳優陣で彩った名作「黒部の太陽」を見る・・・というのもいいかもしれません!

再び観光客が戻ってきている黒部ダム、是非一度観光に訪れてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次