国葬(安倍晋三元首相)の交通規制で電車はどうなる?運休や臨時列車はある?

9月27日に日本武道館で行われる安倍晋三元総理の国葬。参列者は4300人とも言われており、海外の要人だけでも210カ国から700人程度来日するようです。

警備体制ももちろん強化されるということで、当日の交通規制が気になるところですよね。

そこでこの記事では

・【安倍晋三元首相】国葬の交通規制で電車はどうなる?

・運休や臨時列車はある?

・一般道にも影響がある!?

について調査していきます!

目次

【安倍晋三元首相】国葬の交通規制で電車はどうなる?

交通規制範囲について

国葬当日となる27日の交通規制範囲は

首都高速道路(正午〜21時頃まで

都心環状線の大部分と1〜6号線の一部が通行止め

靖国通りと千鳥ヶ淵緑道沿いの車道(9時〜19時頃まで

代官町通り(千鳥ヶ淵交差点から竹橋交差点の間)は歩行者も通行止め(11時〜17時頃まで)

元赤坂(港区)の迎賓館周辺の一般道(17時〜21時頃まで)

要人の来日に合わせて9月26日から28日の3日間にわたって首都高の一部では交通規制が実施されるようです。

電車はどうなる?どこが混雑する?

国葬当日の9月27日は九段坂公園で一般献花ができるようです。
場所:九段坂公園
入口:内堀通り墓苑入口交差点側の千鳥ヶ淵緑道
最寄駅:九段下駅だが東京メトロ半蔵門駅の5番出口がおすすめ(交通規制のため九段下駅からだとかなり迂回する)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次