【歴史】国葬された日本人一覧!合同葬と国民葬の違いも徹底解説

9月27日に安倍晋三元内閣総理大臣の国葬が、日本武道館で行われますが国葬に反対する人も多く未だ混乱を招いています。

安倍晋三元内閣総理大臣が国葬をするに相応しいのかどうなのか、よく分からなくなってきますよね・・。

そこで、今回はこれまで国葬をされた日本人を一覧でご紹介します!また国葬と共によく話題に上がっている合同葬や国民葬との違いも併せてご紹介させて頂きます。

目次

【歴史】国葬された日本人一覧!

これまで日本では、計26人の日本人が国葬をされています。

月日被葬者
1878年5月17日大久保利通
1883年7月25日岩倉具視
1887年12月18日島津久光
1891年2月25日三条実美
1895年1月29日熾仁親王
1895年12月18日能久親王
1896年12月30日毛利元徳
1897年2月7日英照皇太后
1898年1月9日島津忠義
1903年2月26日彰仁親王
1909年11月4日伊藤博文
1912年9月13日明治天皇
1913年7月17日威仁親王
1914年5月24日昭憲皇太后
1916年12月17日大山厳
1922年2月9日山縣有朋
1923年2月14日貞愛親王
1924年7月12日松方正義
1927年2月7日大正天皇
1934年6月5日東郷平八郎
1940年12月5日西園寺公望
1943年6月5日山本五十六
1945年6月18日載仁親王
1951年6月22日貞明皇后
1967年10月31日吉田茂
1989年2月24日昭和天皇

戦前には国葬令があった事から天皇・皇后などの他にも7歳以上で亡くなられた皇太子や皇太孫・皇太子妃や「国家に偉功ある者」に対して国葬を行っていました。

こうして見てみると長くても6年以内には国葬が行われており、年に2回行っている年もあるなど国葬が頻繁に行われていたことがわかりますね。

戦後はこの国葬令が廃止された事から天皇・皇后(大喪の礼)以外では、1967年に元内閣総理大臣であった吉田茂さんの国葬が最後となっています。

今回安倍晋三元内閣総理大臣の国葬が予定通り行われれば、皇族以外の人物の国葬としては55年ぶりとなります。

合同葬と国民葬の違い

合同葬とは

国葬の話題が出る際に必ずといって良いほど話題に上っていた合同葬ですが、合同葬とは通常は企業の経営者や従業員が亡くなった場合に、企業と遺族が合同で執り行うお葬式のことをいいます。

安倍晋三元内閣総理大臣の場合ですと所属していた内閣・自民党の合同という形になっていたのではないでしょうか。

実際に1980年以降内閣総理大臣を務めてこられた方の多くが、亡くなられた後は合同葬を行っています。

国民葬とは

国民葬とは国に功績のあった故人のために、国家が大部分の費用を負担して行う葬儀の事です。

戦前には国葬は皇族、王公族、旧薩長藩主、首相、太政大臣、左右大臣の経験者、元帥などに限定されていました。

日本でこれまで国民葬を行った人物は1922年の大隈重信、1975年の佐藤栄作の二人のみとなっています。

戦後初めて国葬を行った吉田茂さんですが、この国葬を決定したのが当時の内閣総理大臣で自身は国民葬となった佐藤栄作さんです。

戦後国葬令が廃止された為、吉田茂さんの国葬は例外とこれまでされてきました。

安倍晋三元内閣総理大臣の国葬費はどれくらい?

安倍晋三元内閣総理大臣の国葬日は総額16億円かかると言われています。

先日行われた、英国のエリザベス女王の国葬にかかった費用が英紙「デイリー・ミラー」によると13億円とも言われていますが、これより高い費用が見積もられているのには少々驚きますね・・!

安倍晋三元内閣総理大臣の国葬にかかる費用の内約としては、会場設営費などの式典費用が約2億5000万円、警備費約8億円、接遇費約6億円、自衛隊 儀仗隊(ぎじょうたい)の車両費などが約1000万円とされています。

費用の中で最も多くを占めている警備費ですが、こちらは日本全国から派遣される警察官の旅費や手当、警察車両の借り上げや待機所などの費用だそうです。

出典:讀賣オンライン

一方英国のエリザベス女王の国葬が13億円となった理由としては、国葬に参加した世界各国の要人たちの交通手段から滞在費などは、その自国が持っていた為と言われています。

出典:FLASH

日本でこれまであまりなかった銃撃で命を落としてしまった安倍晋三元内閣総理大臣の国葬ですから、当然警備は厳重なものになると想定されています。

会場となる日本武道館の周辺を、警察庁のトップである露木康浩長官が視察に訪れている事から、銃撃事件を受けて、要人警護の責任を果たせなかったことを重く受け止めていることがよくわかります。

国葬については、以下の内容も検索されています!ぜひ、参考にして下さい。

まとめ

今回は、安倍晋三元内閣総理大臣の国葬に関してこれまで国葬を行ってきた日本人をご紹介させて頂きました。

日本人としてはこれまで26名の方が国葬をされていますが、そのほとんどが国葬令があった戦前の事。

戦後初の国葬となった吉田茂さんから首相経験者としては55年ぶりという今回の国葬。

未だ反対の声も多く聞こえますが、準備は着々と進んでいるようです。

国葬が行われる27日を中心に、前日の9月26日~29日の間は東京都内では大規模な交通規制なども行われます。

果たしてどのような国葬となるのか注目が集まります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次