献花台その後どうなる?花や食べ物はいつまで供え誰が片付けるの?

事件や事故があると献花台が設置されている場面をよく見ますよね。

花だけでなく食べ物や飲み物も供えられていますが献花台を撤去した後の供え物の行方が気になりませんか?

そこでこの記事では

・献花台その後どうなる?花や食べ物はいつまで供え誰が片付けるの?

・安倍晋三元首相の国葬献花台はどこ?何時から何時まで?

について調査していきます!

目次

献花台その後どうなる?花や食べ物はいつまで供え誰が片付けるの?

献花台は誰が設置する?

基本的には献花台の設置は事件や事故が起きた市町村の自治体が行うようです。

自治体がボランティアで行っている場合もあるようですが大きな事件や事故となると警察関係や役所レベルになってくるようですね。

献花台はいつまで設置?

献花台は、早いと翌日から設置され2週間から1ヶ月の期間で設置してあるようです。まれに年単位で設置してあることもあるそうですね。

撤去が早すぎると献花したいのに間に合わなかったという方が出てきてしまいますし、遅すぎても管理する自治体がとても大変になってしまいます。

都心部や郊外でも設置期間は変わってくると思いますが、設置する場所によって通行の妨げになったりする可能性もありますよね。

そのような場合は早めに撤去される場合が多いようです。

花や食べ物はいつまで供える?

献花台には花だけでなく食べ物や飲み物、メッセージなども供えられていますよね。

献花台が設置してある期間はお供えしていることがほとんどだと思います。

事故や事件の種類にもよりますが、亡くなった方の年齢によって供え物の種類も変わってくるようです。

誰が片付ける?

献花台の片付けはその市町村の自治体や警察関連の職員が行います。しかし、まれに自治体から依頼された業者が片付けを行うこともあるようですよ。町内会のボランティア以外が片づける場合は全て税金が使われて撤去されます。

片付けられたお供物は全て廃棄となるようですが、果物等の生ものだとカラスの標的になったり腐ってしまったりして管理が大変なようです。

食べ物のお供物はホームレスが持ち去ったという話も聞いたことがありますが、お供物を持っていってしまう行為は窃盗罪にあたるそうですね。

管理も撤去もとても大変な献花台ですが、近所の人がボランティアで清掃したり管理したりしていることもあるようです。

安倍晋三元首相の国葬献花台はどこ?何時から何時まで?

国葬献花台はどこ?

安倍晋三元首相の国葬が9月27日に日本武道館にて行われますが、献花台は九段坂公園に設置されます。

千鳥ヶ淵緑道が入り口となるようなので、半蔵門駅5番出口が最寄駅となりますね。

九段下駅も近いですが、交通規制が行われている関係で迂回することになるので注意してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次