二宮和也の祖父はシベリアに​​抑留されてた⁉︎実家住所は葛飾区でワイパー工場⁉︎

12月9日に公開予定の映画「ラーゲリより愛を込めて」で主演を務める二宮和也さんの発言に注目が集まっています。

二宮和也さんといえば、誰もが知るジャニーズグループ嵐のメンバーでニノという愛称で親しまれてきました。

そんな二宮和也さんですが、今まで話したことのなかったことを発言しています。

それは祖父がシベリア抑留だったということです。

今回はこの発言の真相に迫っていきます。ぜひ最後まで読んでくださいね。

目次

二宮和也の祖父はシベリアに​​抑留されてた⁉︎

二宮和也さんの祖父はシベリアに抑留されていたそうです。

この事実が分かったのは嵐の二宮和也(39)さんが22日、東京・旗の台の文教大学付属高校で、主演映画「ラーゲリより愛を込めて」(12月9日公開)の高校生試写会にサプライズ登壇した時のことでした。

この主演映画「ラーゲリより愛を込めて」はシベリア抑留を題材にしています

そこで、「僕のおじいさんもシベリアにいたのね」と告白しました。

まさか二宮和也さんのおじいさまがシベリア抑留とは驚きですよね。

ちなみに、このシベリア抑留とは第二次世界大戦の終戦後、武装解除され投降した日本軍捕虜や民間人らが、ソビエト連邦(ソ連)によってシベリアなどソ連各地やソ連の衛星国モンゴル人民共和国などへ労働力として連行され、長期にわたる抑留生活と奴隷的強制労働により多数の人的被害を生じたことに対する、日本側の呼称です。

男性が多いが女性も抑留されているとのことでした。

祖父がシベリア抑留であったことからも今作への思い入れは強かったのでしょう。

また、

「日本に帰って来なかったら、二宮、いませんから。娘として生まれた母と、父が出会っていなかったら…どこか掛け違っていたら、僕はこの世にいないかも。こういう事実があったことを忘れないでほしい」と生徒たちに呼びかけました。

引用:日刊スポーツ

今では日本中誰もが知る嵐のニノこと二宮和也さんですが、そんな彼が生まれていなかったかもしれないなんて。

若い世代は戦争は昔のことと思っている人が多いですが、長い歴史があった中で自身がこの世に生まれてきていることに感謝しなければなりませんね。

シベリア抑留だったおじいさまの名前や年齢、写真などの情報は一般人ということもあり、見つかりませんでした。

ただ、以前おじいさまについて頑固でシベリア抑留については全く話してくれなかったと発言していました。

二宮和也さんのおじいさまは私たちには考えられないような表現しがたい経験をしていたのでしょう。

このお話からも戦争を経験していない世代はこの事実を忘れてはいけないですね。

二宮和也の実家住所は葛飾区でワイパー工場⁉︎

二宮和也さんの実家は東京都葛飾区西新小岩でワイパー工場を営んでいます。

二宮和也さんは東京都葛飾区の出身です。

二宮和也さんの実家は母方の祖父と祖母が住んでいたところのようです。

つまり、二宮和也さんの母親の実家となります。

こちらは1階の工場でワイパーの部品を作る場所があり、2階がお住まいだったようです。

二宮和也のwiki経歴プロフィール

wiki経歴プロフィール

名前二宮和也
生年月日1983年6月17日
出身東京都葛飾区
学歴・葛飾区立上平井小学校
・葛飾区立新小岩中学校
・東京都立志舎高校
経歴1996年(13歳)にジャニーズ事務所に入所その後2020年12月31日(37歳)まで嵐として活躍した

(H3)経歴

次に二宮和也さんの経歴をまとめていきます。

1996年6月17日 東京都葛飾区で生まれる

1996年6月16日 ジャニーズ事務所入所

1999年11月3日 嵐が『ARASHI』でデビュー

2006年 ハリウッド映画『硫黄島からの手紙』

2008年 ドラマ『流星の絆』に出演

2009年12月31日 嵐で紅白歌合戦初出場

2016年 映画『母と暮せば』で第39回アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞

2019年1月19日 嵐が活動休止を発表

2019年11月12日 一般女性と結婚を発表

2020年12月31日 嵐が活動休止

2021年3月5日 第一子が誕生

2021年4月25日 ジャにのちゃんねるを開設

2022年11月19日 第二子が誕生

順風満帆の人生を送っていると言いたいところですが、実は嵐がブレイクしたのは2005年に松本潤さんが主演を務めたドラマ『花より男子』からです。

そのため、紅白出場も他のジャニーズグループに比べると遅かったようですね。

その後、人気を集め、今では誰もが知る日本のトップアイドルです。

嵐が活動休止を発表した時には驚きましたが、活動休止後も数々の場所で活躍されています。

ジャニーズ関係については以下も検索されています、ぜひ参考にして下さい!

まとめ

ここまで二宮和也さんの発言「僕のおじいさんもシベリアにいたのね」について解説してきました。

二宮和也さんのおじいさまはシベリア抑留としてかつてシベリアにいたようです。

現在は日本に戻ってきており、ワイパー部品の工場を営んでいます。

そのおじいさまについての情報は一般人という観点かは見つかりませんでした。

シベリア抑留が二宮和也さんにとってよく知るものだったということから今作への取り組み方は他の人とは少し違うものだったのかもしれませんね。

映画を見て、当時について知ることが唯一私たちにできることかもしれません。

ぜひ映画館へ足を運んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次