ドイツ水族館の水槽破裂はどこ製(メーカー)?なぜ破壊したかの理由!

2022年12月16日に、ドイツのベルリンにあるホテルの中の水族館が破裂した事故がありました。

円筒形の水槽が何らかの原因で破裂し、約100万リットルの大量の水が施設の外まで流れだしてしまいました。

幸い、朝方の時間帯だったためケガ人は2人だけとのことでしたが・・・非常に恐ろしい事故です。

そんなホテルの水族館の水槽の施工はどこ製(どこのメーカー)なのか?なぜ破壊されたかの理由について調べました!

目次

ドイツ水族館の水槽破裂事故の内容

2022年12月16日午前5時40分ごろ、ドイツのベルリンにある『ラディソン・ブル(Radisson Blu)』というホテルのロビーに設置されている円筒形の水槽が、突然破裂しました。

ロビーから眺めることもできますし、ホテルの部屋から眺めるのも美しいこと間違いなしですよね!

水槽は高さ16m、直径11.5m。約100万リットルの水が入る巨大な水槽になっています。

これが突如破裂し、激しい津波のように流れ出したようです。

早朝だったので周辺に人がほとんどいなかったため、ケガ人は2人だけだったとのことですが・・

1500匹の魚がロビーに流れ込み、がれきはホテル外まで流出したようです。

ドイツ水族館の水槽破裂はどこ製(メーカー)?

調べてみると、以下のメーカーが施工会社なのではないかという意見がSNSで上がっていました。

米国のレイノルズ・ポリマー・テクノロジー社のアクリルガラスの水槽の可能性が高い。

30年以上の歴史ある会社で、アクリル製品とサービスを提供しています。

ロッド・チューブ・カスタム製品とシートを提供するほかにも、水槽の設計とエンジニアリング、設置と製造サービスに重点を置いているようです。

なぜ破壊したかの理由は?

報道などでは、正式な破裂原因は公表されていません。

しかし、SNSではいろんな原因の考察が上がっています。まず、この水槽の経緯としては、

このホテルの水槽は2004年に設置されました。2019年秋に改装工事に入り、2022年6月に再開していたようです。

このことから、いろんな憶測が飛び交っています。

・改装工事の間、長い期間水を張っていなかったとすると・・厚手のアクリルガラスは乾燥すると収縮するので細かいヒビが入ることがあるため、それが原因なのでは?

・アクリル製水槽の事故として一番考えられるのは、接着面の剥離。接着面は経年劣化するので、定期的に水を抜いてメンテナンスする必要があります。メンテナンス状況が問題だったのでは!?

・当時ベルリンは寒波が襲って外気温がマイナス6度だったようで、それがアクリルに亀裂をもたらした可能性もあるのでは!?

まとめ

ドイツ水族館の水槽破裂はどこ製(メーカー)?なぜ破壊したかの理由!についてまとめました。

水槽のメーカーとしては以下です。

米国のレイノルズ・ポリマー・テクノロジー社のアクリルガラスの水槽の可能性が高い。

破裂理由としては正式に発表されていませんが、以下のような憶測があります。

・改装工事の間、長い期間水を張っていなかったとすると・・厚手のアクリルガラスは乾燥すると収縮するので細かいヒビが入ることがあるため、それが原因なのでは?

・アクリル製水槽の事故として一番考えられるのは、接着面の剥離。接着面は経年劣化するので、定期的に水を抜いてメンテナンスする必要があります。メンテナンス状況が問題だったのでは!?

・当時ベルリンは寒波が襲って外気温がマイナス6度だったようで、それがアクリルに亀裂をもたらした可能性もあるのでは!?

ぜひ参考にして下さいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次