(2022)ふたご座流星群東京のピーク時間や方角!見える場所や穴場スポットどこ?

ふたご座流星群は三大流星群の一つです。毎年多くの流星が見られるという点では、年間最大の流星群ですし、流れ星など見つけにくい人でも見やすいと言われる流星群です。

すぐ見られると言うわけでもなく、だいたいの時間帯に向かって、最低でも15分間は空を見上げて観察してみてください。

屋内から屋外に出てすぐには目が暗さに慣れていないので、流れていても見えないという現象もありますし、都市部ではそれほどたくさんの流星が見ることは難しいので15分間以上は観察を続けてみることをお勧めします。

双子座流星群にもピークの時間帯がありますので、そこを狙っていくと都内でも充分見えますよ。

今回の記事では、

  • 2022年ふたご座流星群を東京で見るピーク時間や方角
  • 2022年ふたご座流星群を東京で見える場所
  • 2022年ふたご座流星群を見る穴場スポット

を紹介していきますので、都会にいるから見えないと諦めていた人もぜひ2022年は見てみてください。一度見たら感動しますよ!

目次

2022年ふたご座流星群を東京で見るピーク時間や方角は?

2022年、ふたご座流星群の出現期間は12月4~17日の間だと言われています。

そして、12月14日夜に極大を迎えるのが予想されています。

月明かりの影響を受けることもありますが、暗い場所で観測したときに1時間当たりに見られる流星数は45個あると言うように予想されていますので、天気次第で見ることができる確率は今年は高そうですよ!

ピーク時間

2022年東京でふたご座流星群が最も活発に活動する時期「極大」は、12月14日午後10時ごろがピークの予想です。

ピークが午後の10時というだけで、一晩中ふたご座流星群は見られるので暗くなり始めた夕暮れから翌朝まで充分にチャンスはありますし、極大の14日の前後の日でも見る事ができると言います。

一般的にいうと、午後9時ごろから深夜の午前2時ごろに見るのがおすすめで、流れ星が真上から降ってくるようにたくさん見る事ができるのです。

田舎で見るとピークじは天の川のように次々と流れるように見えているくらいなので都内でも場所が良ければ数個見つける事は充分可能でしょう。

方角は?

ふたご座流星群には決まった方角というのはなく、夜空一面どこにでも現れるのが特徴なのです。

だから見つけようとするなら夜空全体を見渡しているのが見つけやすいのです。どこか一点に集中するより全体を見渡しながら見ている方が確実に見つかります。

そのため、見つけやすいためには、なるべく真っ暗で、周りに遮るような建物や街頭などがなく空を近く感じられるところがおすすめなのです。

例えばビルの屋上、拓かれた公園や山の上などが見えやすいですよ。

2022年ふたご座流星群を東京で見える場所

上記にもチラッとふれましたが、ふたご座流星群を東京という都会で見るには、条件がそろっているところをチェックすることです。

真っ暗、拓かれている場所、遮るものがない、街頭が少ないというような条件を東京で考えると「公園」がひとつのポイントになってきます。

いくつか東京で見やすいと言われている公園をピックアップしました。

夢の島公園

〒136-0081 東京都江東区夢の島2丁目1

東京湾近くの公園なのでかなり拓けていますので全体が見渡せます。

砧公園(きぬた公園)

〒157-0075 東京都世田谷区砧公園1−1

比較的アクセスのよいところで拓けている公園なのでお勧めです。

武蔵野の森公園

〒183-0003 東京都府中市朝日町3丁目5−12

国立天文台もあるので天体観測には持ってこいのポイントです。

荒川自然公園

〒116-0002 東京都荒川区荒川8丁目25−3

かなり広い敷地なので夜空全体を見渡せます。場所的に街の明かりからも遠ざかっているので見やすいと思います。

2022年ふたご座流星群を見る穴場スポット

2022年のふたご座流星群を見る上での穴場の場所を紹介していきます。

奥多摩湖

奥多摩湖は、東京都と山梨県の県境にありますが、周りに建物もなく遮られるものも無い上に、街灯も少ないので星の明かりがまぶしく見える場所だとも言われています。

高尾山

〒193-0844 東京都八王子市高尾町

都内から離れているので街灯もなく山なので高い位置にあり空が近い分見える確率は数段に上がります。

やはり、海、山、湖などの自然の拓けている場所が一番見つけやすいでしょう。

天気が良ければ、少し時間はかかっても都内から少し離れ絶景の流れ星観察は一生の思い出に残りますよ。

ふたご座流星群については以下も検索されています、ぜひ参考にして下さい!

まとめ

2022年東京でふたご座流星群が最も活発に活動する時期「極大」は、12月14日午後10時ごろがピークの予想です。

ふたご座流星群には決まった方角というのはなく、夜空一面どこにでも現れるのが特徴なので空全体を見渡して15分以上は根気強く観察していきましょう。

東京都内だと公園や都内から少し離れた海、山、湖などは遮るものがなく、真っ暗で街灯の影響もうけづらいので見つけやすいポイントです。

2022年はぜひ双子座流星群をみて絶景の思い出をつくりませんか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次